CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

脳卒中の主因に大気汚染との関連性!?常識を覆す研究結果

世界中で毎年、約1500万人もの人が脳卒中を発症し、そのうち約600万人は死亡、約500万人は手足がまひするなどの後遺症を負っている。このように、脳卒中は突然私たちに襲いかかる恐ろしい病気だが、脳卒中のリスクファクターを調べたオークランド工科大学(ニュージーランド)の研究によると、約30%が大気汚染によるものだという。果たしてその真相は?

日本人に多い脳卒中、高齢化を背景に重症化が加速

脳卒中は、脳の血管が破れたり詰まったりして、その部分の脳の働きが失われてしまう状態を言う。日本人の発症率は非常に高く、日本人の死亡原因の第1位であった時代が長く続いていた。現在では、死亡原因としてはかなり割合が減ったものの(※1)、脳卒中を発症する患者数は増え続けており、日本には現在、全国に約118万人の患者がいるとされている (※2)。

脳卒中患者の増加は、社会の高齢化が進みつつある日本においては大きな問題だ。脳卒中の後遺症が原因で体に障害を抱える人々が増えつつある。日常生活において介護が必要とされる「要介護認定」となった原因のトップは脳卒中などの脳血管疾患で、全体の約21%をも占めているのだ(※3)。

生活習慣の乱れが脳卒中の誘引にも

脳卒中の原因には高血圧があり、高血圧には、原因のはっきりしているものとそうでないものがあり、約90%は原因が分からない高血圧だ(※4)。

原因不明の高血圧の成りたちについては、いろいろな説があり、不明な点が多いが、環境によるもの(環境因子)と遺伝によるもの(遺伝因子)とが絡み合うことによって発症すると考えられている。環境因子とは、例えば、運動不足、ストレス、アルコールの過剰摂取、肥満、塩分の取り過ぎなどの生活習慣である。このように生活習慣の乱れが高血圧を引き起こし、さらには脳卒中を引き起こすという図式が成り立っているのだ。

大気汚染と脳卒中に関連があった!?

脳卒中の原因に高血圧、さらにその原因には生活習慣の乱れ。そんな常識を覆す発表があった。オークランド工科大学の研究では、脳卒中による後遺症がある患者の約30%は大気汚染との関連性が見られたという。特に、発展途上国でその傾向が顕著で、先進国の10.2%に比べ、発展途上国では33.7%と高い値を示した。

この結果を受けて、研究者は、政府が大気汚染の基準を設けて規制することで脳卒中のリスクを減らすことができるだけでなく、それにより、世界的な問題となっている医療費拡大にも歯止めをかけることが可能になると提唱する。私たちが片時も休むことなく体内に受け入れている大気(空気)だからこそ、それが健康にとても大きな影響を与えることは大いに考えられることだろう。

家庭でできる大気汚染対策は?

近年、天気予報とともに大気汚染情報も配信されるようになった。日本でも、PM2.5をはじめ、大気中の微量汚染物質の影響が懸念されている。このような大気汚染が、脳卒中や他の病気の発生に関わっている可能性は十分に考えられる。私たちは、日々の生活でどのような対策をすることができるだろうか?

最近では、PM2.5などの微量物質を吸着することができる高性能な家庭用空気清浄機が販売されており、室内環境の清浄化に有効だろう。また、微量物質を通さないマスクも各種販売されている。大気汚染の気になる日にはこれらを用いて対策を施すことで、体内に入る汚染物質の量を確実に減らすことができるだろう。

参考・引用

  • ※1:厚生労働省 平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況 第5表 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei15/dl/09_h5.pdf
  • ※2:厚生労働省 平成26年(2014)患者調査の概況 5 主な傷病の総患者数 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/dl/05.pdf
  • ※3:厚生労働省 平成25年国民生活基礎調査の概況 IV 介護の状況 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/dl/05.pdf
  • ※4:大日本住友製薬 健康情報サイト 血圧全書 高血圧の合併症 http://kanja.ds-pharma.jp/health/ketsuatsu/complete/complications/
  • 参考:Medical News Today Air pollution is now a leading stroke risk factor http://www.medicalnewstoday.com/articles/310887.php

WRITER

Hashimoto.M

ARTICLE

  • 九九暗記中のお子様には運動を?「2×4=?は…8回ジャンプ」が効果的
  • 座る時間と死亡リスクは比例する! デスクワーカー必見の対処法とは
  • 冬に多いノロウイルス 感染メカニズムの一部を発見!
  • 実は解明されていない「麻酔薬が効くメカニズム」
  • 科学と統計学で判明 旅行が人生の幸福度と健康度を向上させる
  • 子どもの誤飲事故 ボタン電池には特に注意!
  • 中学で睡眠教育 欠席や体調不良の原因の大半は寝不足だった?
  • パンダの赤ちゃん誕生も? 発情期をコントロールできる技術誕生
  • バレーボールやバスケットボールで身長が伸びる? 科学的に解明してみた
  • <冬特集>安くてうまくて、心も体もヘルシー 庶民の味方「おでん」に新種登場!?
  • 「食べると眠くなる」は都市伝説! 七面鳥は病気を防ぐ超高栄養食
  • 人間と違いすぎる!? 驚くべきカタツムリの睡眠
  • 「うつ≠不眠」? 好きなことには意欲的な「新型うつ病」は過眠傾向
  • 女性の体は7の倍数で変化する 美しく年をとるためのケアとは?
  • すべてのスポーツ・企業アスリートに捧ぐ…! 睡眠のススメ
  • 夜残業はもう古い?国を挙げての朝型勤務推進
  • 足を組んで座るのはNG? 超簡単、安全な足の組み方は?
  • ポケモンGOのAR技術 今度は脳神経外科手術でも使われ始める?
  • セフレの理想的な数は7.5人!? これって多いの?少ないの?
  • 冬の風物詩「柚子」をまるごと楽しみ、医者いらずの冬を過ごそう
  • 多くの訪日外国人が日本で困ること「日本の街は夜型」ってどうゆうこと?
  • 世界的にも冬が寒い日本。なのに家の中までこんなに寒いのは日本だけ!?
  • セックス後の「賢者タイム」に気持ちは無関係。男性だけ眠くなる科学的根拠が明らかに
  • うつや不眠症を客観的に診断できる日がとうとう来る? 血中の銅と亜鉛の微妙なカンケイ
  • 慢性疲労症候群(CFS)に光明 “サボり”の無実立証の研究続々
  • フランス、痩せ過ぎモデルで禁錮刑!?
  • 時折テレビで紹介される"ごみ屋敷"…その原因は睡眠にアリ?
  • 胎児は無菌じゃなかった? 母親の腸内細菌や歯周病菌は子宮内にも
  • 死ぬまで黒髪宣言!?  白髪が生えなくなる画期的な薬、発見か
  • 病気をねつ造して快感を得る? わが子を犠牲にする「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは
  • 朝が辛い…早起きできないあなたに贈る、絶対に?寝坊しない方法
  • 子どもの自閉症の原因に 殺虫剤・農薬の空中散布地域はリスクが急増
  • 肥満でなくても糖尿病に! アジア人は、特に糖尿病の危険性にさらされている?
  • 体重によって運賃が決まる!? 乗る前にダイエットしたくなる航空会社とは
  • 目を守れ! 紫外線は目から入り全身にシミを作る
  • 早産による未熟児によく起こる壊死性腸炎 腸内フローラが重要なカギ
  • 「寝過ぎ+運動不足+長時間座りっぱなし」で「早死に」率が4倍に!
  • 働く女性の8割がストレスに悩む お風呂と寝室がストレス不眠解消の鍵
  • 妊娠は胎児と母体と子宮の連携プレー 3者の時計の一致がカギ
  • 寝言の原因は?「問題ない/危険な」寝言はどう違う?
  • 対決!どっちが赤ちゃんを泣きやませられる? ママの声 VS 子守歌
  • クリーンオフィスのススメ 換気した室内は認知機能が60%以上も向上!
  • スギ花粉に“余罪”あり! 肌のバリアーを低下させ荒れの原因に 
  • 子どもの野菜嫌いは「においで脳が毒物と判断する」が原因だった!?
  • 居眠り運転による悲劇を無くせるか 新車に対策テクノロジー続々