CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

お金のストレスで見た目を老けさせない秘訣は?

「お金がない」という金銭的ストレスを強く受けている人は、見た目の年齢が実際の年齢よりも老けて見えるという。ブランダイス大学(米マサチューセッツ州)の研究チームが明らかにした。

若さを保つためには金銭的ストレスから解放される必要があるとしたら、私たちはどうしたらよいのだろうか?

お金の問題 精神・肉体に影響

お金が私たちの気持ちを大きく揺り動かすことは間違いない。例えば「宝くじが当たったら何をしよう?」そう考えるだけでもワクワクしてくるのは誰しも同じだろうが、逆に「財布がない!」とハッとした危機感を経験したことのある人も多いだろう。

このように、お金を手に入れたときの幸福感(!?)や、お金を失ったときの精神的ダメージは、想像するのもたやすいはずだ。

これほどまでに直接的に私たちの心を揺さぶるものだからこそ、仕事や人間関係のストレスと同様に、お金に関する事柄は強烈なストレスになり得るのである。そして、どうやら最近の研究によると、金銭的ストレスは私たちの精神面だけでなく肉体面にも大きな影響を与えることが分かってきた。

金銭的ストレスは老化を加速する!?

ブランダイス大学の研究グループは、お金によるストレスが人の見た目にどのような影響を与えるかを調べるために調査を行った。研究グループは200人以上の男女を対象に、それぞれが持つお金のストレスレベルを調べ、その後、その人たちの写真を別の人に見せて、彼らの年齢を判定させたのだ。

その結果、お金によるストレスを強く受けている人は、そうでない人に比べてより年をとって見える傾向があった。そして、この結果を受けて研究者はこう推測している。「金銭的ストレスを強く受けている人は、見た目に注意を払う余裕がないため、年齢以上に見た目が老けて見えるのだ」と。

不眠の原因やストレスホルモン分泌にも影響

しかし、どうやら原因はそれだけではなさそうだ。今回の結果は、金銭的ストレスが、どれほど私たちに大きなストレスを与えているかを浮き彫りにしたともいえるだろう。そして、その金銭的ストレスが、実際に私たちの老化を加速した可能性もあると、研究者は語っている。事実、ストレスを受けると体内で「グルココルチコイド」というストレスホルモンが分泌され(※1)、体中にさまざまな影響を与え、その影響が老化を加速することは、十分に考えられる。また、ストレスは不眠の原因となり、不眠が長期化するとホルモン分泌などの問題でアンチエイジングにも悪い影響を与えるのだ(※2)。

いつまでも若々しくいるための秘訣は?

貧しい人が、必ずしも金銭的ストレスを感じているということはない。また、逆に、いくら裕福な人であっても、大きな金銭的ストレスを感じ続けている人もいるだろう。ストレスはとても主観的なものなのだ。私たちが脳でストレスと感じたことがストレスなのであり、言い換えれば、考え方一つでストレスを感じにくい脳を作ることもできるのである。

悲観的にならずに人生を楽しもう

生活できないほど貧しい状況でなければ、今の自分の経済状況に悲観的になるのは、それ自体がストレスの原因となるのでよくないだろう。いずれきっと上向きになるなど、もっと楽観的に考えることが実際にストレスを軽減し、心身に良い影響を与えることは間違いない。ストレスを上手にコントロールし、うまく付き合っていくことが大切なのである。

いつまでも若々しくいられる秘訣とは、ストレスに対抗できる強い考え方を持ち、人生を楽しむことなのではないだろうか。

参考・引用

  • ※1:西 真弓 グルココルチコイド 脳科学辞典 https://bsd.neuroinf.jp/wiki/グルココルチコイド
  • ※2:ホルモンを活かせば、一生老化しない 根来秀行
  • 参考:BrandeisNOW Financial stress takes a toll an appearance http://www.brandeis.edu/now/2016/july/stress-financial-aging.html

WRITER

Hashimoto.M

ARTICLE

  • 技術はここまで進んだ!発展途上国の救世主となるか、iPhoneでマラリア診断が可能に
  • 皮膚で体内時計を知る最先端技術が日本から。その先にあるスゴい未来って?
  • デート中彼氏や彼女にイライラする原因は? 少しのカロリー摂取で避けられる大げんか
  • 人はどうしてキスをしたくなるの? 遠い昔のアノ記憶がそうさせていた
  • あなたのご両親は大丈夫? 加齢による視力低下がもたらす心と体の不調
  • コーヒー越えの高カフェインなのに玉露でリラックス!? テアニンの力
  • あなたの「眠れない」「不眠」。ひょっとしたら心の病気、うつ病かも?
  • 中高年の朝の運動に赤信号!命まで落としかねない重大なリスクとは?
  • 若い命を守る 飲酒可能年齢は21歳になってからが良い?
  • <秋特集>恐怖…布団の表面にカビが見えたらもう手遅れ!? 秋冬こそ布団のカビに注意
  • 都市伝説じゃない? 満月の夜に出産が多いのは本当だった 
  • 世界一の高身長オランダとラトビア 急速な高身長化は遺伝子要因ではない?
  • 骨盤を元の位置に戻すってどうゆうこと? 自力でできる骨盤矯正
  • <秋特集>お風呂シリーズ:本気で疲れを取りたい、湯冷めを防ぎたい人に送る 上手なお風呂の入り方
  • 自転車が救世主!? 先進国の共通問題「仕事のストレス」による不眠
  • 最強の胎教!? 妊娠中に子どもの成績を良くする栄養素「チロキシン」
  • 「平均睡眠時間ワースト2位の日本」で一番寝ていないのは?職業別睡眠時間
  • ロマンチックな夜を過ごすには、前日に女性を早く就寝させよ! よく寝た女性は性欲がUP
  • 紫外線の悪影響は美容だけではなかった! 傷の治りにも影響
  • 座る時間と死亡リスクは比例する! デスクワーカー必見の対処法とは
  • 落ちた?転んだ? 寝入りばなに「ビクッ」となる あの現象の正体は?
  • 乳酸菌やヨーグルトによる腸内環境改善で「うつ病リスク」が大幅低下
  • 線路、幹線道路、航路近くの住民に警鐘 騒音が人を太らせる
  • 両親が遺伝的に似ていないほど、子どもの身体も頭も優れている…は本当だった
  • 働く女性に朗報!女性向けお昼寝カフェまとめ
  • 「遅寝遅起き」なあなたは火星移住計画を?体内時計と自転の蜜月関係
  • 未来の究極のダイエットは腸内細菌を「移植」!? 今夜からできる細菌の移植方法とは
  • "年をとると筋肉痛が遅れてやってくる" のウソとホント
  • 小学校低学年、子どもの早すぎる身体の成長に注意 腫瘍の可能性も
  • テクノロジー最前線 脳の活動が分かるはちまきで広告や勉強が変わる?
  • 人間だけじゃない、犬も夢見るって本当?
  • 睡眠中、1晩の歯ぎしりで一生分の咀嚼ダメージ!?その原因と治療法
  • ステロイド治療に終止符?アトピー性皮膚炎、ワセリンが発症を予防か
  • 女性の自己犠牲は心身の健康を脅かす!世界一眠れない日本の女性たち
  • おとぎ話科学読本 シンデレラの靴は防弾ガラスでできていた?
  • 薄毛の人は心臓発作を起こしやすい!? 統計で見る「身体的特徴×疾患」の驚くべき関連性
  • エコノミークラスで寝たら全身痛い… 飛行機の座席でできる超簡単「痛み撃退ストレッチ」
  • 我慢したオナラは何と口から出てくる! オナラ研究最前線
  • 赤ちゃんは寝るまで泣かせてもいい?
  • 抗生物質の削減に世界が動く!安易な薬品使用が人類存続の危機を招く
  • なぜ、ぽっこりおなかの人は生活習慣病になりやすいのか?
  • 春に眠くなるのはなぜ? 漢詩「春眠暁を覚えず」を科学する!
  • 赤ちゃんをチャイルドシートで眠らせるのは危険?
  • 子供のいびき 成長に異常を感じたら睡眠時無呼吸症候群・SASを疑え
  • まさに「着るレントゲン」!その場で腰痛リスクを知らせるウェア 介護現場などにも活用