CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

「笑う健康法」は本当?体のスタミナやメンタルヘルスへの影響

 すでに単なるブームと呼べないほどしっかり定着している健康志向。健康に関する情報は本やネットにあふれ、「健康法」と名の付くものは数え切れない。そんな中で今回取り上げるのは、誰もが今すぐできて、お金も手間もかからない「笑う健康法」である。無理にでも笑うことで生まれる「笑いの好循環」。いったいどのようなものだろう? アメリカで行われた実験を紹介する。

65歳以上の高齢者には定期的な運動が必要

 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、65歳以上の高齢者に最低でも「ウォーキングのような軽度の有酸素運動を150分」あるいは「ジョギングなどの比較的強めの有酸素運動を75分」を1週間のうちに行うことを推奨している。また同時に、週に2回、腹筋などの筋肉トレーニングを行うことも推奨している。しかし、最近のCDCの調査では、アメリカの50歳以上の4人に1人は定期的な運動を行っていないことが明らかになった。

運動しない原因は低いモチベーション

 高齢者が運動を行わない一番大きな理由はモチベーションであるという。モチベーションが上がらない最も大きな理由は、運動に楽しみを感じないことにある。そこで、運動に「楽しむ時間」を組み合わせる実験をジョージア大学が行った。

 この実験では27人の高齢者に、6週間の間、週2回45分の運動を行ってもらった。そして、その運動の合間に、計10回、各30秒から1分程度の「笑う時間」を組み込んだのである。運動に組み込む「楽しむ時間」というのは「楽しくなくても笑う」というだけのものである。

無理やり笑うことで「笑いの好循環」が生まれた

 面白いことに、楽しいことがなくても笑うことを繰り返すうちに、参加者同士のアイコンタクトが増え、陽気な動きをするようになり、自然に笑いが増えるという好循環が引き起こされた。そして、96.2%の参加者がこの運動を楽しいと感じたとアンケートに答えた。さらに、88.9%の人は参加するモチベーションが上がり、これを続けたいと回答した。そして、研究の結果、笑いはモチベーションを上げるだけでなく、体のスタミナやメンタルヘルスを非常に向上させることもわかった。

無理にでも笑うことで楽しいと体は錯覚する

 この笑いを加えた運動は、ジョークなどを理解する必要がなく、肉体的機能や認知機能が落ちている人にも非常に有効な手段である。実は、体は自発的な笑いと意識的な笑いを区別することができないと専門家は指摘する。つまり、無理にでも笑うことで、体が楽しいと錯覚してモチベーションが上がり、精神的・肉体的にも好影響が生まれてくるのである(※1)。

 数ある健康法の中でも最もシンプルで誰にでもできる「笑う」という行動。普段から笑顔が絶えない人や、会話の最中に笑うことが多い人は健康的に見える。それは、単にその印象だけではなく、笑うことで、体も心も健康になっているからかもしれない。普段から意識して笑ってみてはいかがだろう。不健康は笑い飛ばせるものなのかもしれない。

参考・引用

  • ※1:Laughter may boost physical activity, mental health for seniors http://www.medicalnewstoday.com/articles/312971.php

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • 脳科学者お墨付き 言葉のパワーで一致団結!「スローガン」の効果とは
  • 「赤ちゃんが泣いてる!うつ伏せになってる!」と教えてくれるウエアラブルが米国で登場
  • 「過労死白書」でわかる日本の労働環境
  • あなたは何月生まれ? 新春・生まれ月にみる健康運(科学的根拠有!)
  • 下手でOK! 短時間のアート・創作活動があなたをストレスフリーに
  • 交通事故に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の影 運転とSASの深すぎる関係
  • <夏特集>部活シーズン真っ盛り。全身が痛くなる子どもが増えるのはなぜ?
  • 中年太りのぽっこりおなかどうしたらいいの?原因から迫る、運動と胴回りの関係
  • 中年世代でも確認・検証済み! たばこをやめると友達が増える
  • 「性感染症の検査結果をFAXで」は嫌! 病院検査の結果通知は何がいい?
  • 睡眠が一番ラクなバストアップ法? 女性ホルモンと睡眠の深い関係
  • <秋特集>「雪山で寝るな」は知ってるけど…まさかの軽い登山でも遭難多発。遭難時にどう生き残る?
  • あの恐ろしい都市伝説は本当?最新科学でその真偽を調査 その1
  • 「身長が高い」は実は羨ましくない!? 身長を決める遺伝子大量発見
  • 学習や行動に問題? ADHDの子どもの4人に1人は睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • キャンプ場での生活が教えてくれる「夜型生活脱却」の方法
  • 子どもの睡眠時間で頭の良さが変わる!? こんなに違う海馬の大きさ
  • 手紙のススメ 今だからこそ「ここぞ」で手紙が生きてくる
  • 肥満でなくても糖尿病に! アジア人は、特に糖尿病の危険性にさらされている?
  • 「私とスマホ、どっちが大事!?」 プチ断食が関係崩壊を救う!
  • 日本中が沸いたラグビー そういえば、「魔法の水」はなぜ消えた!?
  • 睡眠不足で高血圧に? ごく数日の睡眠不足が恐ろしい病気をもたらす
  • 「睡眠不足は美肌の大敵」もう常識? 実験が明らかにした驚くべき結果
  • 野球観戦が認知症予防になる?西武ライオンズと大学の共同研究が開始
  • 認知症患者も宇宙飛行士も救う? 最先端がLEDで体内時計・睡眠を調整
  • 人間の眠りは複雑怪奇!? CIRCL的「睡眠」の定義 
  • 「外国からやってくる」大気汚染。 肺の奥の奥まで届いてしまう恐怖の粒子物質
  • 働く女性に朗報!女性向けお昼寝カフェまとめ
  • ファストフード店付近の在住者 教育レベルが低い人ほど不健康?
  • 「金髪女性はおバカ」は本当か 実際にIQをはかってみた
  • 当時の平均寿命の倍以上を生きた 戦国武将徳川・毛利が実践した長寿健康法とは
  • 疲れやストレスがうまく抜けない時に、「マインドフルネス」のススメ
  • 慣れない場所で眠れない理由は警戒態勢の脳のせい!睡眠と脳の不思議
  • 泊まれる本屋がある! 本を読みながら至福の寝落ち
  • 睡眠が防ぐ認知症。そのメカニズムとは
  • <夏特集>スイカの種を食べると盲腸になるって本当? 科学的に調べてみた
  • 恋愛で左脳が活発化! 親子と恋人、キス時の頭の傾け方が逆だった
  • 今夜は蒸し料理で決まり! 夕食の「食材と調理法」で睡眠の質アップ!
  • 「夜中に目が覚める」…の対処法 魔法のパウダー簡単レシピ公開!
  • タブーにするべからず 9割のトップアスリート「月経で悪影響あり」
  • これでもう邪魔されない! 集中するだけでメールも携帯もシャットアウトする未来の凄いテクノロジー
  • 整体師の視点から見る「妊活」 妊娠しやすい体はどうつくる?
  • 人への応用にも期待! 不安性のラットを社会的に成功させる方法解明
  • 朝食で男女産み分け? 種の生存戦略まで示唆する驚きのプログラム
  • 年をとると早起きになるのはなぜ?