CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

ビールは社会の潤滑油!飲酒がヒトに与える影響とは

 お酒を飲む人が減っている。成人1人当たりの年間酒類消費量は平成3年の101.5Lから平成26年には80.3Lと、23年で20%の減少である(※1)。最近ではお酒を全く飲まない人も多く、食事会などでお酒を勧めると「アルハラ」などと呼ばれることもある。また、飲酒運転や飲酒によるさまざまなトラブルや暴力など、アルコールに対する悪いイメージも強いのではないだろうか。今回はそんなアルコールの良い面に関する記事を紹介しよう。

スイスで行われたビールとノンアルコールビールの比較実験

 スイスのバーゼル大学のリヒティ教授とその研究チームが、18~50歳の健康な男女各30人を対象に、飲酒がヒトに与える影響に関する調査を行った。被験者のうち、半数の30人には約500mlのビールを、残りの半数には500mlのノンアルコールビールを飲んでもらった(スイスの法律では16歳以上であればビールを飲むことは許可されている)。

ビールは笑顔を作り、社交性・性への開放性を高める

 そして彼らの行動を観察するとともに、いくつかの実験を行い、以下のような発見をした。
一つ目は人々の表情。ビールを飲んだグループでは、ノンアルコールのグループよりも早く幸せな表情に変わることがわかった。
二つ目は社交性。アルコールを飲んだグループは、幸せな社会性を築いて、他人と一緒にいたいという気持ちになる傾向があった。
三つ目は性的な開放性特に女性では性的な画像を見たいと思う欲求が顕著に増した。ただし、それが性的刺激を増加させる要因とはならなかった。

アルコールそのものに社交性を高める作用?

 アルコールがオープンな気分にさせるということは、新しい発見ではない。しかし、リヒティ教授のチームは、研究に参加した人たちのオキシトシンというホルモン濃度を測ってみた。このオキシトシンは、人々の社交性を高める働きがあるホルモンである。結果として、アルコール、ノンアルコール群で血中濃度の違いはなかった。この結果から、オキシトシンの分泌は関係なく、アルコールそれ自体が体の中で社交性を高めるような働きを持っていると推測される。

ヨーロッパの権威は「アルコールは社会の潤滑油」と語る

 欧州神経精神薬理学会(ECNP)のトップであるブリンク教授は、「この発見はアルコールが『社会の潤滑油』として働くことを示している。適量のアルコール摂取は人々を幸せにし、社会的な交流を活発にし、性への恐怖心をなくす作用がある」と語る。ただし、これらの作用は血中アルコール濃度によっても変わってくるので飲みすぎには注意が必要だと、彼は付け加えている(※2)。

 お酒を飲むことはマイナス面ばかりではないということである。アルコールには社会性を高めて、コミュニケーションを助ける働きもある。「不寛容社会」などと言われる現代日本。他人のちょっとしたミスを許せず、1回の軽い失敗を強く非難するような風潮も強い。他人のことを理解せず、こうだと決めつけてしまうことが「不寛容社会」ができてしまう理由の一つである。

 たまにはお酒の力を借りて周りの人とのコミュニケーションを深めてみるのもいいと思う。ヒトの立場や考え方の理解が深まれば少しは「寛容」になれるかもしれない。

参考・引用

  • ※1:酒レポート 平成28年3月 https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/shiori/2016/pdf/000.pdf
  • ※2: How does beer impact social tendencies? http://www.medicalnewstoday.com/articles/312959.php

WRITER

Daisuke Goto

ARTICLE

  • 恋愛で左脳が活発化! 親子と恋人、キス時の頭の傾け方が逆だった
  • <夏特集>部活シーズン真っ盛り。全身が痛くなる子どもが増えるのはなぜ?
  • ワーキングマザーは生産性が高い!調査結果から明らかになったこと
  • チョコを食べないとむしろ体に悪い? 英国で行われた美味しい研究
  • 高層階ほど心停止後の蘇生率が低い?17階以上で1%以下まで激減!
  • いよいよ千葉大病院で実用化間近 オンラインで不眠症を根本から克服
  • 原因不明の病気 悪夢が繰り返される「悪夢障害」って何だ?
  • パンダの赤ちゃん誕生も? 発情期をコントロールできる技術誕生
  • ご注意を。短期間の睡眠不足でも血液ドロドロ 命に関わる病気に直結
  • 不規則な体内リズムは不調のもと! 狂った体内時計のリセット法5つ
  • 「正月ぼけ」はなぜ起こる? 年が明ける前からできる対策法
  • 腸内細菌バランスを崩す!? ビールとダークチョコレートに要注意
  • 外国人観光客泣かせの和式トイレ、和式スタイルに秘められた意外な健康効果とは?
  • 雪が積もった、さあ大変! 転倒防止のTIPSは動物が教えてくれる
  • 女性必見! 1日5杯のコーヒーが乳がんリスクを抑制
  • 関節にまつわる都市伝説 "関節を鳴らすと骨が太くなる"のホントのところ
  • 幸せ成分、オキシトシンのチカラ
  • 女性は特に注意! オープンオフィスは病気やストレスを増加させる!
  • 幸せ太り? 結婚するとかかりやすい/にくい疾患が変わる!
  • 睡眠障害は男性だけじゃない。女性も注意したい無呼吸症候群(SAS)
  • 10人に1人が経験済み?「南国へ傷心旅行」で危険なセックス増加中
  • 疲労困憊ママに朗報 夜起きて泣く赤ちゃんにかまうべからず!?
  • 脳は錯覚を起こしやすい?不思議の国のアリス症候群とヒトの感覚
  • 窓際は、快眠・幸せ・仕事効率が全て手に入る最高の特等席!
  • 夏までに食べ物で皮膚を強化しよう ヨーグルトが紫外線から肌を守る
  • 衝撃。「007はアルコール依存症」“性的ミッション”も遂行不能?
  • 健康にとらわれすぎて不健康に… 今注目の「オルトレキシア」とは
  • 働いても働いても貧困状態「ワーキングプア」 生活困窮者の実態は
  • 認知症と睡眠時の呼吸障害の関係 アルツハイマー病予防のカギはいびき対策?
  • 原因は偏った姿勢。 昼寝の後の不快な"しびれ"にこのストレッチ!
  • 空の色が体を支配?照明を変えるだけの仕事効率アップ法とは
  • そのプラスチック容器「BPAフリーだから安心」? 背後に潜む危険
  • 社会的地位や仕事が見合わない? 高学歴の女性は脳卒中リスク高
  • 目を守れ! 紫外線は目から入り全身にシミを作る
  • 京大発。人類史上最高の眠りへ誘うベッド? きっかけはチンパンジー!
  • かざすだけでカロリー・アレルギー・添加物が分かるアイテムが間もなく発売?
  • 寒さ対策には愛?「ごめんね」「ありがとう」の言葉で家族の体温上昇
  • 線路、幹線道路、航路近くの住民に警鐘 騒音が人を太らせる
  • こまった大人のニキビ・吹き出物 「あご」にばかり現れる本当の理由は
  • 大統領候補の健康維持法。あのトランプ氏の運動が「らし」過ぎる!
  • 女性なら誰もが通る道 絶対に知っておきたい「年齢×カラダ×睡眠」の関係
  • 夜勤で体内時計を狂わせない方法は「日勤の生活に体内を合わせる」
  • ダイエット中なら女子会より合コン? 無意識でここまで違うカロリー摂取量
  • 人間の眠りは複雑怪奇!? CIRCL的「睡眠」の定義 
  • 3歳児が夜10時以降に寝る時代がキタ!? でもそれって大丈夫?