CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

朝、子どもを起こすイライラもシーリングライトで解決!?朝の目覚めと光の関係

 「朝、子どもを起こそうとしても、なかなか目覚めてくれない! 」など、同じように朝からイライラさせられている人は多いのではないだろうか。そんな親の悩みを解決しようと、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)と富山大学によって、朝が苦手な子どもたちに向けてある実験が行われた。

 それは子どもたちが朝気持ちよく目覚められるように、「光」を使って起床を促す試みだ。部屋に設置した照明器具を用いて、起床時間に合わせて段階的に光を浴びせることで、朝の目覚めをすっきりとさせる狙いがある。

朝が苦手な子どもに朗報!段階的な光で気持ちの良い目覚めが実現

 パナソニックの調べでは、子どもを朝起こすことに対して大変だと感じる親が4割強もいることが判明している(※1)。この研究では小学3年生から6年生の男女33名とその保護者を対象に、起床前に光を当てて目覚めを促した場合と、そうではない場合の起床時の気分や機嫌を調査した。

 その結果、家族に起こされる子どもが18名から9名に減少した。本人が感じる起床時の気分の良さ家族から見た起床時の機嫌の良さについても、目覚めの光がある時の方が良かったと報告されている(※1)。

ライトの光の加減や色合いの変化を上手に利用

 同社が今回実験に用いたのは、LEDシーリングライトという照明器具だ。このライトは、通常の照明器具とは異なり、光の加減を段階的に調整することが可能である。そのため淡い茶色の光からハッキリとした白色光まで、自分の好みと気分で自由に明るさを選べるのだ。

 その機能を利用して、起床に向けて段階的に光を強くしていくことにより、子どもが気持ち良く目覚める方向へと導くことを可能にしたのだ。

朝の光も大切だけど、夜の光も大切に

 朝の光ももちろん大切だが、夜に浴びる光を調節することも大切となってくる。最近は大人だけではなく、子どもも学習等でPCやタブレットを駆使する機会が増えた。そのためか、どうしても夜遅くまで強い光を浴びがちになってしまう。

 私たちの睡眠は「メラトニン」という脳内から分泌されるホルモンによって調整されている。このホルモンの分泌は体内時計と密接に関係しており、夜強い光を浴びてしまうと体内時計が乱れ、ホルモン自体の分泌がうまくいかないことがある。

 目覚めの良い朝を迎えるためには、寝る前にPC等の強い光を浴びないなどの対策も必要となってくるのだ。

寝入りから大切にしよう

 朝の目覚めが良いに越したことはない。それを手助けしてくれる照明器具の機能をより効果的に取り入れるためにも、その前の夜の過ごし方も大切になってくるのではないだろうか。

参考・引用

  • ※1:パナソニック株式会社 目覚め機能付きLEDシーリングライト http://panasonic.jp/light/led/suimin/
  • 参考:武田薬品 体内時計.jp 体内時計と睡眠のしくみ http://www.tainaidokei.jp/mechanism/3_3.html

WRITER

Ai Sugimoto

ARTICLE

  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 「医療観光」。 他のアジア諸国に大きく先を越される日本の現状とは
  • すぐ頭痛になる頭痛持ちさんへ贈る、自分でできる超カンタン頭痛撃退法
  • 睡眠不足で高血圧に? ごく数日の睡眠不足が恐ろしい病気をもたらす
  • 環境ホルモンも一緒に食べている? ファストフードの注意点
  • 乳がん治療に新しい光 メラトニンと抗がん剤の同時接種が治療を促進
  • ワーキングマザーは生産性が高い!調査結果から明らかになったこと
  • <秋特集>宿坊ってどんなところ? 興味はあるけど泊まる勇気は…そんなあなたにぜひ読んで欲しい
  • 着る服で集中力や交渉力は変わる 何を着れば面接で成功できるのか?
  • <夏特集>われた腹筋、くびれたウエストをつくるための最強簡単筋トレ
  • なぜ日本で増え続ける?“いきなりエイズ”患者
  • 手足口病、ロタウィルス…“子どもの病気”と侮らないで!大人にうつると歩けなくなる!?
  • 旅行中の「胃腸トラブル」 野菜・フルーツ・水分で対策を!
  • 暗い気持ちを吹っ飛ばせ! 話し方ひとつで気分は陽気に変わる
  • 眠れない? なら最高の「眠れる服」パジャマを着て寝てみよう!
  • ハンモックが睡眠障害の救世主? 揺れがもたらす最上の眠りとは
  • 仕事や人生に疲れたらオ・ト・ナのぬり絵!? ココロとカラダに効く芸術療法とは
  • 残念!何をしても午後2時は眠くなる ならば昼寝か会議で解決を
  • 「仕事のストレスで眠れない」?有名創業者が行う1分!解消方法とは
  • 統計調査で判明 イマドキの20代女性は40代女性よりもサビていた!?
  • <秋特集>「行き」よりも「帰り」があっという間に感じるのはなぜ? 科学的に証明してみた
  • がん細胞は毎日できている 睡眠の長さや質、特に乳がんの生存率に影響
  • 42度のお風呂が最も危険 冬場の入浴中の急死は交通事故より多い
  • やっぱり外見重視か。男は高身長、女はスリムが人生得してる?
  • あなたは長生きできる?「教育」「所得」「病気」の意外な関係
  • 「犬は人間のパートナー」に納得!ヒトと犬で共通する遺伝子があった
  • 有名コンサルタントが教える「オフィスの嫌われ者にならない方法」
  • ヨガブームの次は太極拳か。不眠や病気治癒に実践型解消法を
  • デスクに座りっぱなしは危険?ランチ休憩をしっかり取るべき理由
  • 幸せになる能力とは?満足できる休息時間が幸福度を上げる
  • 寝ながら体のゆがみ矯正!? 寝る前にベッドで実践するだけで体の痛みを軽減できる簡単ストレッチ
  • <秋特集>睡眠時間6時間未満でなんと「4倍」も風邪をひきやすく
  • 脳や体に悪影響。寝不足だけじゃない、寝すぎは逆に疲労や不健康の元
  • 他人の性生活をのぞき見! セックスの頻度や時間、何が
  • 犬を飼っている人は健康に?愛犬が救うこれからの高齢化社会
  • 眠りのダーウィン「進化論」 効率的な眠りこそが生き残る?
  • 手紙のススメ 今だからこそ「ここぞ」で手紙が生きてくる
  • 大きさは無関係? 世代と人種を超えたバストの理想黄金比が明らかに
  • O脚、X脚をストレッチで治す! この秋冬こそカッコよくショートブーツを履きたい
  • 「草食系」男子、ホントは凶暴? 隠れた少しコワイ深層心理とは
  • 愛のホルモン・オキシトシンでダイエット?衝動的行動をコントロール
  • 子どもが歯ぎしり…なぜ!? ご安心を。原因はストレスではない…が?
  • 退屈すると砂糖と脂肪を欲す。 ジャンクフードがもたらす病気と中毒
  • 地球上で最も恐ろしい生物はライオン?サメ? 想像を絶する大量殺人生物第1位があまりに身近過ぎて怖い
  • GW後は五月病? 新天地でグッタリしないために、今すぐできること