CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

時間ストレスを感じる女性たち 睡眠時間や自分時間づくりが日々を充実させる

 仕事、家事、育児、人によっては介護もこなす女性の1日は目まぐるしく過ぎ去っていく。そんな女性達だからこそ、忙しい生活の中で「1分でも時間が惜しい・・・」と感じる場面は少なくないのではないだろうか。

 今回、そんな世論を反映した、女性の時間とストレスに関する調査結果が株式会社アテニア(以下、アテニア)から報告された。本アンケートは女性に焦点を当てているが、時間に追われているのは男性にも言えること

 女だから、男だからといった性別はいったん隣に置いて、まずはこの結果を見てもらいたい。

自分の時間がないことにストレスを感じる女性が急増

 アテニアは20代から50代の女性800名に対して、時間とそのストレスに関するアンケート調査を行った。その中で、自分の時間が持てていないことに対してストレスを感じていると回答した女性は約94%だったのだ(※1)。

 ではなぜ彼女たちはそのようなストレスを感じるのだろうか。その背景には、女性のライフステージやキャリアプランとは切り離せない結婚や出産、仕事の影響がある。

 経験に基づくコメントになるが、女性はその性質上、家族のために、仕事仲間のためにと、自分を犠牲にして他を優先させる傾向にある。その結果、一番後回しになるのが自分の時間というわけだ。

 年代別の自分の時間への満足度に対する回答を見ても、その影響が顕著に現れている。仕事でも家庭でも負担がかかりやすい30代と40代では「満足している」と回答した人は30%未満だった(※1)。

睡眠時間を守る意識は高いが、現状は世界で最下位の睡眠時間

 このアンケートでは、睡眠を取る時間帯について意識できているかという調査も行われた。その結果は約73%の人が意識をしているということだった。

 だが日本の女性の睡眠時間を世界の女性の睡眠と比較すると、たとえ意識ができていると答えていても、世界レベルでは十分な睡眠がとれていないようである。

 経済協力開発機構(OECD)が報告している国際比較調査(2014年)によれば、日本の女性の睡眠は平均7.3時間とされている。これは調査に参加した先進12カ国の中で最も短い(※2)。

 ここからも分かるように、日本女性の睡眠時間の問題は私たちが思う以上に深刻なのだ。

解決には男性の力も必要となってくる女性の睡眠問題

 日中の自分の時間にしても夜の睡眠時間にしても、同じ自分の時間ということに変わりはない。しかし、女性一人の力でこの問題に太刀打ちするのは正直大変だ。

 それは、家庭や会社など、その女性と密接にかかわる環境にも変化が必要となってくるからである。最終的には男性の力もこの問題を乗り越える上では必要となってくるだろう。明日を充実して過ごせるよう、是非ともひとりひとりが良質な睡眠をとる時間や環境づくりを意識することが当たり前な社会となることを願うばかりである。

参考・引用

  • ※1:PRTIMES 株式会社アテニア【女性の時間とストレスに関する調査】 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000010341.html
  • ※2:日経スタイル 睡眠時間の軽視は女性の健康を脅かす「爆弾」に 日経BPヒット総合研究所 黒住紗織 http://style.nikkei.com/article/DGXMZO97200240S6A210C1I10000
  • 参考:CIRCL女性の自己犠牲は心身の健康を脅かす!世界一眠れない日本の女性たち https://www.circl.jp/16965

WRITER

Ai Sugimoto

ARTICLE

  • かなり怖い「朝食抜き」 若者も油断大敵、脳出血のリスクが上昇!
  • 睡眠中足が変、気持ち悪い…むずむず足症候群の原因と対処法
  • シフト勤務に優しくしよう!? 不規則に働く人の体内で起こる変化
  • 受験生を持つ親御さん、その夜食、超NG「逆効果」ですよ!
  • 「草食男子」の次は「オルタナ男子」!? 新しい価値観の次世代男子とは
  • 睡眠不足は不利益に! 仕事から強制的に離れさせる荒療治も発動中
  • 17年前の"STAP細胞"? 膝の裏にある光センサーのウソ・ホント
  • 朝、子どもを起こすイライラもシーリングライトで解決!?朝の目覚めと光の関係
  • 春の新挑戦シーズン!新しいスポーツへの挑戦が大人の脳も成長させる
  • オリンピック後に多発! 睡眠相後退症候群による不眠は「腸」で治す
  • 1000人に1人発症!? デート中に突然眠り始めてしまう障害
  • 飲み過ぎないための最強の方法はコレだ しかも科学的なお墨付き!
  • 腸で性格を変える 腸内フローラのスゴい実力でうつや睡眠障害を治療?
  • ギャンブル依存症は治療できる? 「ニアミス好き」が根本原因か
  • 「人の名前が出てこない」…加齢による記憶力・暗記力の低下をいとも簡単に食い止められる「思い込み」術
  • 病気をねつ造して快感を得る? わが子を犠牲にする「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは
  • ついに虫歯を治せる歯磨き粉が英国で登場。 日本での発売は?
  • 悪夢とうつと不眠の深刻な関係。 頻繁に悪夢を見る人の3割はうつだった
  • 週何回のセックスが最も幸福度を上げる? 統計調査から驚きの結果
  • 婚活サイトで成功する秘訣は「謙虚さ」だった
  • スマホの写真でがん診断が可能に? 新技術の到来はすぐそこに。
  • 女性が男性より不眠・睡眠障害を多く抱える理由。 答えはホルモンに
  • 不要な抗生剤投与を減らす?診断補助ツールの開発
  • <冬特集>安くてうまくて、心も体もヘルシー 庶民の味方「おでん」に新種登場!?
  • 睡眠時間が6時間以下の人は要注意?今すぐ睡眠改善に取り組むべき理由
  • 子どもの歯ぎしり、寝言、夢遊病…危険なのはどれ?
  • 「赤ちゃんが泣いてる!うつ伏せになってる!」と教えてくれるウエアラブルが米国で登場
  • インプラント周囲炎は歯周病と同じではなかった!口腔ケアが大切な理由とは
  • 鉄筋ではなく木造が一番? 今再び見直される木造建築のメリットとは
  • 睡眠時無呼吸症候群に新たな治療法「神経の刺激装置」の仕組みと効果は?
  • 残念!何をしても午後2時は眠くなる ならば昼寝か会議で解決を
  • ご注意を。短期間の睡眠不足でも血液ドロドロ 命に関わる病気に直結
  • <秋特集>焼き芋とおならを科学する 食べてもおならが増えない 超簡単裏技
  • ポイントは昼寝!夜に幼児をぐっすり眠らせる方法
  • 植物に触れよう 緑に囲まれた生活は死亡率を12%下げ寿命を延ばす
  • 長時間睡眠にうつの危険信号。10時間以上の睡眠で死にたい気持ちが増加
  • 家庭が崩壊する前に… 眠ったままセックスをするという睡眠障害
  • STOP幼児虐待 暴力シーンを見るだけでも将来のうつ病発症率増加
  • 「私とスマホ、どっちが大事!?」 プチ断食が関係崩壊を救う!
  • 同性愛者への理解が急拡大中「同性間セックスOK」が40年で4倍に!
  • 通販でも畳マットは手に入る! 今すぐ欲しくなる畳のスゴイ効果
  • 着る服で集中力や交渉力は変わる 何を着れば面接で成功できるのか?
  • つわりが流産のリスクを減らす?つらい経験に明るい光
  • さぁ、髪を乾かして新年を迎えよう! 意外に知らない濡れた髪の本当の影響