CIRCLから読者の皆様へ大切なお知らせ

睡眠・健康マガジンCIRCLは、この度の医療系メディアの信ぴょう性や著作権に関する一連の問題を、健康系情報を扱うメディアとして真摯に受け止め、自主的に掲載中の記事を見直すことを決定いたしました。少しでも多くの方に正しい情報をお届けするため、当メディアの掲載基準を見直した上で運用を徹底して参ります。品質を満たしていない可能性のある記事は非公開にしてまいります。一部ブックマークやシェアいただいた過去記事で見られないものが発生するなど、日頃よりご愛顧くださっている読者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。今後ともCIRCLを何卒よろしくお願い申し上げます。
CIRCL編集部

世の女性に朗報! いつまでも若々しい肌でいられるかも がん研究からの発見とは

お肌のしみ、しわ、たるみ……。どうにかならないものかと、世の多くの女性が悩んでいる。「年齢によるものだから仕方がない」。そう思うしかなかったが、お肌の老化を防げるかもしれないという研究結果が明らかになったのだ。

細胞の2つの終わり方

人間も含めて生物は、DNAに損傷が起きると自ら直す働きを持っている。しかし、そのDNAの損傷が激しい場合、細胞は2つの選択を迫られる。1つは、細胞死である「アポトーシス」。もう1つが細胞の老化だ。

がん治療で行われる抗がん剤の投与は、がん細胞のアポトーシスを狙って行われるものだ。ところがアポトーシスではなく、細胞の老化の選択肢が選ばれるとやっかいなことが起こる。老化細胞は周辺のがん細胞を増殖させたり、悪性化させたりしてしまう可能性があるのだ。従って、がん研究の世界では老化細胞を阻止するための方法を見いだすことが目下の課題の1つなのだ。

老化細胞の遺伝子を発見!

神戸大学バイオシグナル総合研究センターなどの研究チームは、濃度の異なる抗がん剤を使って、肝がん細胞から老化細胞とアポトーシス細胞の両方を出現させ、老化細胞で発現が高い遺伝子25種類を特定することに成功した。そして、この中のいくつかの遺伝子が細胞を老化に導いていることが分かったのだ。

これは、がん患者にとって大変な朗報だ。この研究で特定された遺伝子の活性化を止める薬剤を開発することができれば、老化細胞の出現を阻止することができ、すべてのがん細胞をアポトーシスへ導くことが可能になるからだ。

アンチエイジング製品にも応用の可能性

また、この研究結果は、世の女性にとっても朗報だ。細胞の老化はがんに関係しているだけでなく、女性が気にする“お肌の老化”にもつながっている。研究チームも細胞の老化を抑える薬剤はアンチエイジング製品に応用されることも期待できるとしている。

女性の老化に関しては、最近は皮膚科などの医療機関で「治療」としてアンチエイジング対策を施すことが一般的にはなってきたが、多くの女性は、まだまだ化粧品や食品を中心にアンチエイジング対策をしているのではないかと思う。多すぎる情報に「あれがいい」「これはダメだ」と翻弄(ほんろう)されることも多い。

これが遺伝子レベルでの対策に置き換わるとすれば、その“治療費”も気になるところだが、多くの女性が興味津々であることは間違いないだろう。

参考・引用

  • 参考:細胞老化を制御する遺伝子の同定に成功-抗がん剤治療・アンチエイジング製品開発等への貢献の可能性- http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/research/2016_09_05_02.html

WRITER

kix

ARTICLE

  • 知っておきたい! ドーピングしたことになってしまう一般薬とは?
  • 仕事や人生に疲れたらオ・ト・ナのぬり絵!? ココロとカラダに効く芸術療法とは
  • 脳も健康に?「脳のための」ランニングのススメ
  • 座る時間と死亡リスクは比例する! デスクワーカー必見の対処法とは
  • 子どもの鼻血“たかが鼻血”と思わないで 病気のサインであることも
  • デスクワークの方に朗報! 職場で座ったままできる簡単筋トレ
  • ロックが抗がん剤の副作用を無くす? 音楽の新しすぎる可能性
  • 電子カルテ導入で患者の不満爆発? 医師が向き合う相手は誰なのか
  • 今日から始めよう。カルシウムの摂取が熟睡・快眠のカギ?
  • 鍋料理に最適! 鉄分を補給してくれる可愛すぎるお魚 「ラッキーアイアンフィッシュ」
  • あなどるなかれ昼寝の回復力 10分で寝不足ダメージ解消
  • 時折テレビで紹介される"ごみ屋敷"…その原因は睡眠にアリ?
  • 認知症と睡眠時の呼吸障害の関係 アルツハイマー病予防のカギはいびき対策?
  • 緊急事態「ジカ熱」男性が感染源にも? 妊婦だけの問題じゃない。
  • 豆電球をつけて寝ると肥満症のリスクありって、ホント?
  • 衝撃。肛門より汚い口の中!朝の口腔内には1兆個の細菌が!? 万病の元を防ぐ歯磨き方を紹介
  • 「貧乏ゆすり」健康法!? 行儀は悪くても体には良いことだらけ
  • 子どもの頃貧乏だった人の方が長生きできる!? 所得と健康の深い関係
  • 女子サッカー界のレジェンド、澤選手が実践していたヘアケアとは?
  • スギ花粉に“余罪”あり! 肌のバリアーを低下させ荒れの原因に 
  • 適当に飲んでない? 水には飲んで良い/悪いタイミングがあった
  • これであの痛い腸炎も怖くない? 日本が悪玉菌だけ抑える抗体発見!
  • デンマークでは労災認定 夜勤でがんに
  • もう夏も終わったのに眠れない!? 睡眠の秋に考える不眠症の調査結果
  • 10代の女子は要注意 化粧品の成分で生殖機能に異常?
  • アップルiOSの新機能「Night Shift」で睡眠改善するか
  • ジムの近くに住むだけでよく眠れる!? 米大学研究
  • 地中海料理で認知症予防!? ナッツとオリーブオイルが効く
  • 「睡眠不足自慢=仕事遅い・不幸せ?」 時代遅れの自慢バナシ
  • 対決!どっちが赤ちゃんを泣きやませられる? ママの声 VS 子守歌
  • あなたの幸福度は遺伝子で決まっている? 幸せの3遺伝子発見
  • 女性の自己犠牲は心身の健康を脅かす!世界一眠れない日本の女性たち
  • 体内時計を意識した健康的な生活。ナチュラル・エイジングのススメ(後編)
  • 外食でもOK! 高血圧改善の「DASH食」 が美容にも最適と話題
  • 「痛い」のは男だけ? 世界的新発見。男女で違う「痛み」の感じ方
  • 本屋でトイレに行きたくなるのはなぜ? 「青木まりこ現象」の謎に迫る
  • 社会的地位や仕事が見合わない? 高学歴の女性は脳卒中リスク高
  • なぜ、野球選手はゲーム中にガムをかむ?そこに秘められたスゴイ効果
  • あんなトコロでお泊まり!? 大人のリアルお泊まり、スリープオーバー
  • 唾液を採取して送るだけで未来の病気が分かる「MYCODE」 いよいよ遺伝子検査が身近なものに
  • ファスティング(断食)は究極のアンチエイジングになるか?!免疫の自己再生を促進
  • 東京ディズニーシー200分待ちにも耐えられる? セロトニンの効果とは
  • 枕でいびき予防 自分や家族のいびきを防いで良い睡眠を
  • うつの症状と酷似? 眠れない…不眠で自殺リスクはなんと4倍に
  • 新たな不眠症対策 眠れない夜はベッドに居るより思い切って出るべし